整体師KAIKI

鎌倉在住の美容整体師KAIKI。身体の不調改善サポートをしてます。

ニキビ肌の僕がオススメするプチプラ美容液!ニキビがほんとに出にくくなった!

こんにちは。大船|藤沢にいる整体師KAIKIです。

・ニキビ肌に合う美容液を知りたい。

・ニキビを早く抑えたい。

・ニキビにならないようにするにはどうすればいいですか?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容 

この記事を書いている僕は、整体業界歴7年。

そして、今も現役美容整体師として多くのお客様を救っています。

こういった僕が、解説していきます。

・ニキビ肌に合うプチプラ美容液を紹介します

それはロート製薬さんのメラノCCです。

f:id:kaihelbeu:20210203111613j:plain

なぜなら、これを使い始めてから圧倒的にニキビが出にくくなりました。

さらに毛穴が目立たなくなってきました。

キレイとは言えないですが、良い変化が出てくれています。

f:id:kaihelbeu:20210212175834j:plain

時間はかかるけどもこうしてビタミンCが入っている美容液を使うことで肌改善してきています。

 

実はもうリピート5本以上はしてます! 

・ニキビにならないようにする食生活をまとめました

その1.ビタミンCが豊富に含まれている食品を食べる。

ビタミンCは肌にとって大切な栄養素です。

ニキビや毛穴だけでなく、シミやしわなど

肌トラブルのあらゆる面に効果を期待できます。

 

ちなみにどんな食品にビタミンCが豊富に含まれているのかというと

アセロラやレモン、ピーマンやブロッコリーなどです。

 

しかし、健康・美容に最低限必要な1000mg摂取するためには

どうしても食事だけでは難しいのでサプリメントを摂ることもオススメしてます。

その2.脂っこい食べ物を控える。

皮脂分泌が過剰になったらニキビになりやすいので、

単純に油は控えるようにしましょう。

 

でも、オメガ3系の油は良質な油なので油を摂る場合はオメガ3系のえごまやアマニ、魚油を摂取しましょう。

その3.腸内環境を良くする食品を食べる。

腸内環境の乱れは肌の乱れです。

なぜなら、腸内環境が乱れてしまうことで腸内に腐敗物質が溜まってしまいます。

そして、吸収されて血管を通して、体全体に悪い物質が巡っていきます。

 

やがて、肌に到着して肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

だから、肌トラブルを避けるために腸内環境を良くする

ヨーグルトや海藻類、食物繊維が豊富な野菜を積極的に摂りましょう。 

・ニキビができたらやってはいけないことまとめました

その1.絶対に潰してはいけません。

皮膚科医にしっかり治療で潰してもらうことはいいですが、

自分で潰しては絶対にダメです。

 

なぜなら、自分で潰してしまって少しでもニキビの中身が残ってしまうと周囲の皮膚に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

逆にひどいニキビ跡になってしまうことも...

だから、潰したくても絶対に潰さないようにしてください。

その2.ブラシやスクラブで洗顔しないでください。

皮脂をごっそり洗い流したくて、ブラシやスクラブでゴシゴシと洗顔してしまうことは肌に摩擦が起きてしまうためNGです。

 

肌はとても繊細です。

摩擦を出さずに肌を優しく洗ってふわふわな泡で洗ってあげましょう。

その3.ニキビパッチをしてはいけません。

ニキビパッチはニキビが目立たなくなりますが、

ニキビを悪化させるリスクが高くなります。

 

なぜなら、ニキビを作るニキビ菌は嫌気性菌という空気を嫌う菌なのです。

なので、ニキビパッチをすることで空気に触れることが極端に少なくなります。

その結果、逆にニキビ菌が元気にどんどん増殖してしまうのです。

 

もちろん、ニキビパッチにニキビを抑える成分が入っていると思います。

しかし、総評するとニキビを悪化させるリスクの方が高いです。

 今回の記事まとめ

・ニキビ肌にオススメな美容液

・ニキビを防いでいく食生活