【ダイエット美容整体師】杉内界喜@鎌倉

個人ダイエット整体サロン-KAIKI-【月・土・日】大船ルミネ内の大手サロン勤務【火~金】

肩甲骨周りの痛みにはこのストレッチ3つがめちゃオススメ!!

こんにちは。鎌倉を拠点に活動している

【ダイエット美容整体師】杉内界喜です。

↓本日の悩みはこちら↓

・背中と腰の中間の右だけが痛いです。

今朝、起きたら、背中と腰の真ん中辺りの右側だけが痛くなってしまいました。

痛み止めを飲むほどの痛みではないのですが、嫌な痛みです。お酒をたくさん飲んだわけでもないですし、寝違えたわけでもありません。

原因が分かればストレッチなどで対策できるのですが、痛みの原因が分からないのでどのようなケアをすれば分からないです。何かアドバイスを頂けると嬉しいです。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

簡単に僕の自己紹介させていただきます。

鎌倉にて、週5で大手サロンで働きながら、休みの日に個人サロンでクライアントの身体の悩みを解決している杉内界喜です。健康・美容業界に入って9年目になります。

今回の記事を読むことで以下のことを知ることができます。

・主な背中の痛みの原因

背中の痛みは様々な原因が絡み合って出てきます。

原因が一つだけで痛みが出ることは非常に少ないです。

・猫背が原因

猫背が原因で背中に痛みが出てしまいます。

なぜなら、背中が丸くなることで背筋が必要以上に伸ばされてしまうからです。

 

特に猫背になることで背筋が引き伸ばされてしまって、

逆に身体の前面にある胸の筋肉が縮んでしまいます。

 

だから、猫背が原因で痛みが出ている場合は背筋をストレッチすることはオススメしません。

縮んでしまった胸の筋肉をストレッチして縮んでいる→正常な胸の筋肉の長さにしていくことがオススメです。

・反り腰が原因

反り腰が背部痛の原因である場合があります。

反り腰が痛みの原因である時にどこをアプローチすることが重要なのかといいますと、広背筋という骨盤~腕にかけてくっ付いている筋肉です。

 

この筋肉がギューッと縮んでしまうことで反り腰にしてしまうのです。

反り腰になることで背中と腰の真ん中辺りだけでなく、

腰にも痛みを引き起こしてしまうリスクが高くなってしまいます。

 

だからこそ、広背筋のストレッチをして反り腰を軽減させて背中~腰にかけての痛みを軽減することができます。

・肩甲骨のポジション悪化

肩甲骨は自由度が高いです。その反面、不安定でもあります。

 

基本的には肩甲骨が背骨から遠ざかっている場合が多いです。

ただし、中には肩甲骨が背骨に寄りすぎてしまっている場合があります。

これは肩甲骨内側にある菱形筋が縮んでしまっているからです。

 

そういった場合は菱形筋を伸ばすことが有効です。

今までたくさんのクライアントにアドバイスしてきましたが、菱形筋のストレッチをお伝えしたのは圧倒的に少ないです。

 

つまり、肩甲骨が背骨に寄りすぎてしまっている方は少ない!ということです。

あくまで僕のクライアントに限りますが...

 

ここからは上記に原因に対してのストレッチ方法を動画でお伝えしていきます。

・背中の痛みに特化したストレッチ

・大胸筋ストレッチ


www.youtube.com

・菱形筋ストレッチ


www.youtube.com

・広背筋ストレッチ


www.youtube.com

この記事が良かったと思った方は

・読者登録お願いいたします。

・こちらが【ダイエット美容整体師】杉内界喜のLINEアカウントになります。

お問い合わせはURLまたはQRコードから友達登録してご連絡下さい。

https://line.me/ti/p/5A7yFLzVMl


f:id:kaihelbeu:20220415091614j:image