整体師KAIKI

鎌倉在住の美容整体師KAIKI。身体の不調改善サポートをしてます。

血糖値スパイクを防いで血糖値を下げる方法をまとめました

こんにちは。大船|藤沢にいる整体師KAIKIです。

・なんか疲れやすい

・皮膚に出来物ができやすくなってきた

・集中力が欠けてきて仕事効率が悪くなってきた

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、整体業界歴7年。

過去に10kgの減量に成功して、その後リバウンドしないで体型維持できている。

そして、今も現役整体師として多くのお客様を救っています。

こういった僕が、解説していきます。

・血糖値が上がることで起きる症状を簡単にまとめました

f:id:kaihelbeu:20210424073528j:plain

その1.疲れやすい

インスリンという血糖値を下げてくれるホルモンがあるのですが、

インスリンは血液中の糖を筋肉や肝臓、脂肪細胞に運ぶことで血糖値が下がります。

ですが、インスリンがうまく働いてくれないことで摂取した糖がうまくエネルギーに変換することができずに疲れやすい身体になってしまいます。

その2.ケガなどが治りづらくなる

高血糖状態が続いてしまうと、血管に負担がかかってしまいます。

そして、次第に血液循環が悪くなっていきます。

その結果、足先など末端までしっかり循環しなくなっていき、栄養が行き渡らなくなっていくので、ケガの治りが遅くなってしまうのです。

血管だけでなく、神経障害を起こしてシビレなども出てしまうこともあります。

その3.間欠性跛行(かんけつせいはこう)

少し歩くと脚が痛くなったり、ピリピリするけど少し休憩するとまた歩けるようになる。ことを間欠性跛行と言います。

これは脊柱管狭窄症などの神経系でなる方もいます。

・血糖値を下げる方法をまとめました

f:id:kaihelbeu:20210424073322j:plain

血糖値スパイクを防いでいく

実は、糖尿病じゃない方でも短時間でグイーんと血糖値が上昇することが分かっています。

そして急降下する。絶叫マシンのような急上昇・急降下を繰り返し起きてしまう血糖値スパイクを防ぐにはインスリンの働きを正常にすることが必須です。

インスリンの働きを正常化させるには以下のような方法があります。

その1.腸内環境を整えていこう

腸内環境が悪くなることでGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)というインスリンの分泌を促してくれる物質の分泌が低下してしまいます。

これを防いでいくには野菜や海藻類、キノコ類などを積極的に食べて腸内環境を良くしていくことがポイントになります。

他にもヨーグルトもいいですが、砂糖不使用のを選んで食べるようにしてください。

その2.運動をする

運動をすることで糖が消費されるので血糖値が下がってくれます。

さらにインスリンが効きやすい身体になってきます。

なにより、インスリンヒエラルキー【筋肉→肝臓→脂肪】という順番で働くので、運動で筋肉が付けば筋肉に多く働いてくれるようになるので肥満になることも防ぐことができます。

その3.食事内容を見直す

普段の食生活で多くの方は糖質や悪い脂質を過剰に摂取しています。

そして簡単に一日のカロリー摂取量をオーバーしています。

これでは、高血糖になってしまうのは当然なのかもしれません。

でも、糖質・脂質。タンパク質。この3大栄養素をバランスを良く摂取すれば血糖値を下げることができます。

究極、僕たち人間の身体は適度なバランスを保つことが一番なのです。

今回の記事まとめ

・高血糖の恐ろしさ

・血糖値を下げる方法