整体師KAIKI

鎌倉在住の美容整体師KAIKI。身体の不調改善サポートをしてます。

薬に頼らず、生活を変えてうつ病を少しずつ良くしていく方法

こんにちは。KAIKIです。

・3年くらいうつで悩んでいます

・薬を飲んでも全く良くならない

・整体でうつが治った知人がいるのでいい整体院の探し方を知りたい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、整体業界歴7年。

過去に10kgの減量に成功して、その後リバウンドしないで体型維持できている。

そして、今も現役整体師として多くのお客様を救っています。

こういった僕が、解説していきます。

・薬に頼らず、生活を変えてうつ病を少しずつ良くしていく方法

f:id:kaihelbeu:20210407074137p:plain

うつになってしまった場合は、生活習慣だけでなく、その方の性格や家庭や職場の環境などの背景も関わってきます。

その1.職場や家庭環境を変える

 うつ病になってしまう方は学校や職場、家庭環境がかなり影響しています。

例えば、職場の上司がものすごく嫌だったり、学校でいじめに合ったり、親や兄弟との関係が悪かったりなど。

こういった環境を変えていかない限り精神状態はどんどん悪化していきます。

そして、職場に行けない。学校に行けないようになってしまうのです。

もし、そうなった場合は退職して職場を変えましょう。学校はなかなか編入することはできないですが、通信制の学校に行くのもアリだと僕は思います。

それで環境が変わってうつ病が改善されるのであればいいじゃないですか。

その2.運動をして気分を上げる

ずっと考え事をしてると余計にネガティブになってしまうのでそんな時は運動しましょう。頭がスッキリしてポジティブになります。

うつ病の程度にもよりますが、中程度であれば、散歩を30分程度するだけでもいいです。人気が気になるのであれば、夜より早朝に散歩してみてください。

朝日を浴びながら散歩することで体も目覚めます。夜に散歩してしまうと、疲れきっている人に合ってしまうので良くないです。

実際、積極的に運動をすることでうつの回復を早めるというデータもあります。

その3.睡眠はかなり重要

実は睡眠とうつ病は密接に関係しています。

短い睡眠時間の方、不眠症の方はしっかり睡眠を取れている方に比べたらうつ病になるリスクが10倍にも跳ね上がるという研究データがあります。

実際にうつ病の方は寝れなくなってしまいがちなので、その場合は運動などをして身体を疲れさせて眠りにつきやすくすると良いです。

ちなみに僕は仕事後に筋トレをすると、布団に入ったらすぐに眠りにつくことができます。

・良い整体院の探し方をまとめました

f:id:kaihelbeu:20210407074110p:plain

その1.自律神経系専門の整体院に行く

色んなコースがある整体院に行くより自律神経系だけに特化したサロンに行った方が絶対に良いです。

なぜなら、専門としてやっているからです。

それだけ自律神経系について知識・技術があるはずです。

その2.しっかり経歴のある個人で経営している整体院に行く

一人でやっている整体院はマンツーマンなので、うつ病の方にとってはとてもピッタリだと思います。

周りに人がいないので何でも相談することができます。

そして、ちゃんとした経歴がHPに記載されているか?などをチェックしましょう。

その3.クライアントの口コミがしっかり掲載されている

最後は、クライアント様からのお声がしっかり掲載されているところを選びましょう。口コミがなかったらクライアントからの信頼がない!ということになります。

今回の記事まとめ

・うつ病改善には、生活習慣を少しずつ変えていく必要性がある

・自律神経専門の整体院に行くべき