整体師KAIKI

鎌倉在住の美容整体師KAIKI。身体の不調改善サポートをしてます。

体のだるさを解消するルーティンをまとめました

こんにちは。KAIKIです。

・朝起きた時から体が重だるい

・すぐに疲れて仕事中眠くなってしまう

・体のだるさを解消する方法を知りたい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、整体業界歴7年。

過去に10kgの減量に成功して、その後リバウンドしないで体型維持できている。

そして、今も現役整体師として多くのお客様を救っています。

こういった僕が、解説していきます。

・体がだるくなる理由

それは、身体に休める時間を与えていないからです。

なぜなら、人は睡眠をとることで体を回復させるからです。

f:id:kaihelbeu:20210405063344p:plain

この時間が少ない人ほど体に疲労が溜まりっぱなしになり常にだるい状態が続いてしまうのです。

例えば、風邪や熱に罹った時はたくさん寝て体を休めますよね。体のだるさも同じと考えてください。病気ではなくてもだるさがある!ということは脳が身体を休ませてあげてください!とサインを出しているのです。

ナビがこの先、左方向に行ってください。と指示を出しているのに無視しているのと同じことを身体の事となると、大半の方は平気に行っているのです。

そんなことをしては体のだるさや疲れは一生残ったままですよね。

だから、多くの方は体のだるさが常にある状態で仕事や家事などをしているのです。

その結果、30分で終わる作業が45分~1時間とかかってしまい休息時間が減っていきさらに悪循環になってしまうのです。

・体のだるさを解消する方法をまとめました

その1.休息をとること

睡眠時間が7時間ほど取っている方と5時間ほどの方では日中の眠気や疲労感は違います。

実際、自分で体験しました。1週間ほど5時間ほどの睡眠を試してみたけど朝はなんか体がだるいし、日中は睡魔に襲われて仕事効率が悪かったです。

でも、睡眠時間を7時間ほどに戻したら一気に楽になりました。

だから、しっかり寝て作業効率を上げて短い時間で作業を終わられることができたら自由な時間、睡眠時間を確保できるようになり体がだるくなくなります。

その2.栄養をしっかりとること

僕たちの身体はエネルギーが必要です。

脳や身体にもしっかり栄養が行き届いていないといくら身体を休めてもだるさは消えません。

僕は一時期、糖質制限をしたことがありますが、

その時しっかり寝てはいましたが体のだるさはありました。

それぐらい食事(栄養)は大事なのです。

その3.生活リズムを安定させること

起きる時間や寝る時間、食事する時間が不規則ですと、それだけで体内リズムも狂ってしまいます。

f:id:kaihelbeu:20210405063432p:plain

だから、仕事の日でも休みの日でも朝起きる時間・寝る時間を固定するだけでも生活リズムが安定して体内リズムが整っていき体のだるさ解消、疲れ解消につながります。

今回の記事まとめ

・体のだるさの原因

・だるさや疲れの解消法