整体師KAIKI

鎌倉在住の美容整体師KAIKI。身体の不調改善サポートをしてます。

【寝違え・首の痛み】を最短でなくしていく方法をまとめました

こんにちは。大船|藤沢にいる整体師KAIKIです。

・3日前に寝違えて首がすごく痛いです

・左を向くのが辛く、ほとんど向くことができません

・早く治す方法はありますでしょうか?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、整体業界歴7年。

過去に10kgの減量に成功して、その後リバウンドしないで体型維持できている。

そして、今も現役整体師として多くのお客様を救っています。

こういった僕が、解説していきます。

・首を寝違えてしまう理由

f:id:kaihelbeu:20210731132100j:plain

寝違えは首や肩にかけての筋肉【肩甲挙筋や胸鎖乳突筋など】

靭帯などに急性の炎症が痛みや運動制限を引き起こしてしまうと考えられています。

そして、寝違えてしまう理由は首に過度な負担をかけてしまうことで起こります。

例えば、寝ている時に変な体勢で寝ていたり、悪い姿勢で常にいたり、頭が前に出ていたり、こういったことの積み重ねで首の寝違えを引き起こしてしまいます。

実際、僕も一度だけですが寝違えたことがあります。

当時、18歳で整体スクールに通っている時です。

その時は毎日スクールに通っていたので生徒同士で毎日施術を受け合っていました。

だから、ケアされているから普通、寝違えないでしょう!?と思うかもしれませんが、過剰な刺激が積み重なって最後の一撃は朝シャン後でした。

泡を洗い流して頭を起こしたら首がピキッといって首が全く動かせなくなって感じたことがない痛みを感じました。

すぐに病院に行きました。そしたら、寝違えだね!と言われました。

痛み止めを約1週間飲んでようやく痛みから解放されました。

首の筋肉を少し使うだけで頭に響くほどでしたので食事するのも、寝るのも一苦労でした。今では笑い話ですが、、、

つまり、急性の炎症ではありますが、日々の積み重ねで寝違えてしまうのです。

・早く痛みをなくす方法をまとめました

f:id:kaihelbeu:20210731132356j:plain

その1.安静にする

あなたは怪我をしたときは安静にしますよね。

怪我をした部分にならべく負担をかけないようにしますよね。寝違えも一緒です。

炎症を起こしている首や肩の筋肉にいつも以上に負担をかけないようにしましょう。

その2.炎症を起こしている患部以外の筋肉を緩める

寝違えてしまっている方は肩甲骨の外側や脇【腋窩】、腕の筋肉が硬くなっているケースが多いです。

直接、炎症が起きている患部へのアプローチはNGですが、先ほどお伝えした部分にアプローチすることで少しでも痛みを緩和させることができます。

その3.しっかり栄養を摂る

身体を回復させるために休むことも大切です。

しかし、いくら身体を休めたとしても回復させるための栄養がしっかり補給できていないと炎症を抑えるまで余計に時間がかかってしまいます。

だから、ちゃんと栄養を補給してあげましょう。

今回の記事まとめ

・寝違えから早く解放させる方法

・二度と寝違えにならないようにする方法