整体師KAIKI

鎌倉在住の美容整体師KAIKI。身体の不調改善サポートをしてます。

慢性化した首コリも整体・セルフケアで改善できる方法をまとめました

こんにちは。KAIKIです。

・もう20年以上、首コリに悩まされています

・午後の4時を過ぎると必ず右首が痛くなる

・近所の整体に行こうと思っているけど効果があるのか知りたい

こういった疑問に答えます。

f:id:kaihelbeu:20210318063217j:plain

本記事の内容

この記事を書いている僕は、整体業界歴7年。

過去に10kgの減量に成功して、その後リバウンドしないで体型維持できている。

そして、今も現役整体師として多くのお客様を救っています。

こういった僕が、解説していきます。

・長年の首コリにも整体が効果的な理由

それは、首コリの主な原因である首猫背やストレートネックを改善させることができるからです。

なぜなら、頚椎の湾曲を作り出すために首の前後左右の筋肉バランスを整えるからです。首の前側にある筋肉が短く硬くなってしまうと、首の骨が真っ直ぐになっていきます。

f:id:kaihelbeu:20210305065246j:plain

最悪の場合、頚椎が変形してしまい、整体では対処不可能になります。

そして、コリではなく痛みにレベルアップして、顔を上げることが困難になります。

常に下を向いて歩くことになってしまいます。

そうならないためにも早めに整体で改善していくことが一番です。

・パソコン作業の姿勢が重要な理由

仕事中の姿勢だけで首や肩にかかる負担は大きく異なります。

なぜなら、正しい姿勢で作業をしている時にかかる負担が100%だったとします。

頭が前に出てしまい、腕を大きく前に出している姿勢ですと、首や肩にかかる負担は140%ほどに上がってしまうからです。

f:id:kaihelbeu:20210213190022j:plain

例えば、手で重たい荷物を持つときに肘の真上に荷物を置くことで少ない力で支えることができます。でも、荷物が肘の真上ではなく少し前に置くことでかなり力を加えないと支えることができません。

 

つまり、体重の1割もある頭の位置で首や肩にかかる負担はかなり変わってしまうのです。だから、座っている時や立っている時には骨盤や背骨の真上に頭があって欲しいのです。

・仕事中にもできる効果があるセルフケア方法まとめました

ストレッチ動画もあるのでご覧になってセルフケアを実践していってください。

その1.首のストレッチ

頭が前に出て、首や肩の筋肉は長く伸ばされてしまっています。伸びてしまっている筋肉をさらに伸ばしてしまうことは逆に悪化させてリスクが大きいです。だから、短く硬くなっている首の前側の筋肉を伸ばしてあげましょう。

その2.胸のストレッチ

パソコンなどの事務作業で腕を大きく前に出すことで内巻き肩を生み出してしまいます。内巻き肩は胸の筋肉が短く硬くなっているので胸の筋肉を伸ばしてあげましょう。


猫背・肩こり・首コリの正しいケア方法!

その3.脇のストレッチ

デスクワークで肩甲骨が背骨から遠ざかってしまって肩甲骨の外側の筋肉が短く硬くなっているので肩甲骨の外側、脇周りの筋肉を伸ばしてあげましょう。


肩こり、首の辛さを解消させるどこでもできるストレッチ

今回の記事まとめ

・正しい整体を受けることで首コリは改善できる

・姿勢が変わるだけで身体も変化する

・首コリに必須なセルフケア伝授