整体師KAIKI

鎌倉在住の美容整体師KAIKI。身体の不調改善サポートをしてます。

反り腰を治すのが簡単な理由!これであなたも反り腰卒業。

こんにちは。KAIKIです。

 

・反り腰になってしまう理由を知りたい。

・反り腰のせいで腰痛に悩んでいる。

・仕事柄、ヒールを履くから反り腰になってしまう。

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

この記事を書いている僕は、整体業界歴7年。

そして、今も現役整体師として多くのお客様を救っています。

 

こういった僕が、解説していきます。

・反り腰を治すのが簡単な理由

反り腰を治すのは簡単です。

なぜなら、骨盤が前に傾き過ぎているのを後ろに倒して平行にすれば良いのです。

 

例えば、あなたが植物を育てていたとします。

茎【背骨】をまっすぐ上に伸ばすために鉢【骨盤】を傾けて置いたりしませんよね?

必ず平坦なところに鉢【骨盤】を置きますよね。

 

でも、そう簡単にできないんじゃないの?と思う方もいると思いますが、

筋肉バランスが整えば骨盤を平行にすることは簡単です。

 

だから、反り腰を治すのは簡単なのです。

・反り腰、腰痛に効くセルフケアをまとめました

その1.太ももの前側をストレッチする。

太ももの前側の筋肉【大腿四頭筋】が短く硬くなってしまうと、

骨盤を前に引っ張ってしまいます。

f:id:kaihelbeu:20210207141421j:plain
この状態が続いてしまうと、

反り腰が定着してしまい腰に過度な負担をかけ続けてしまい腰痛を引き起こしてしまいます。

 

だから、筋肉の長さを正常に戻すことで

骨の位置を正しいポジションに持っていくことができます。

 

その2.腹筋を鍛える。

反り腰の特徴は腹筋が弱い【長く伸びてしまっている】ことです。

f:id:kaihelbeu:20210207141431j:plain

腹筋が全然できない。太っていないのに下っ腹がポッコリしている。

そういう方は腹筋を鍛えて反り腰を改善させていきましょう。

 

その3.腰背部を丸めるようなポーズをとる。

f:id:kaihelbeu:20210207141936j:plain

これは非常に簡単なことですが、

反りすぎているのであれば、逆に腰を丸めるポーズをとって少しでも反りを軽減して腰を上手く丸められるようにしていきましょう。

・ヒール対策をまとめました

その1.ふくらはぎのストレッチをする。

ヒールをよく履く方はふくらはぎを常に収縮させた状態です。

 

その結果、反り腰だけでなく、脚のむくみや冷え、膝下O脚など

健康だけでなく、脚の太さによるコンプレックスを生み出す原因にもなってしまいます。

 

だから、収縮しすぎたふくらはぎをストレッチする必要があるのです。

 

その2.家にいるときは膝を少し曲げることを意識する。

さすがに家でもヒールを履く方はいないと思います。

 

ヒールを履いている方は膝が伸びきってしまっているため

反張膝になっている可能性が高いです。

 

反張膝になっているほとんどの方が反り腰です。

反り腰の方は反張膝になっている可能性が高いです。

なので、反り腰と反張膝はセットだと考えてください。

 

膝を少し曲げる!という意識が腰と膝にとても良い影響を出してくれるので

必ずやっていきましょう。

 

その3.太ももの前側をストレッチする。

こちらは、先ほどの反り腰、腰痛の対策に

書いた事と同じなので省略させていただきます。

 

以上が反り腰改善の必要なことです。