整体師KAIKI

鎌倉在住の美容整体師KAIKI。身体の不調改善サポートをしてます。

ストレッチでも痩せられるダイエット方法をまとめました

こんにちは。KAIKIです。

・ストレッチでも痩せるの?

・どんなストレッチをすればいいのかわからない

・どれくらいでダイエット効果が出るのか知りたい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、整体業界歴7年。

過去に10kgの減量に成功して、その後リバウンドしないで体型維持できている。

そして、今も現役整体師として多くのお客様を救っています。

こういった僕が、解説していきます。

f:id:kaihelbeu:20210402083301p:plain

・ストレッチでも痩せる理由

それは筋肉の柔軟性を上げることで可動域が広がって筋肉をダイナミックに動かせるようになるからです。

なぜなら、筋肉を少ししか動かせない体と筋肉を大きく動かせる体では筋肉活動量が変わるからです。

例えば、機械などで使うバネがありますよね。バネはそのまま置いたままでは力を発揮しませんが、縮めば縮むほど押し返す力が強くなりますよね。このようにバネは変形させられると元に戻ろうとする力(弾力性)が働きます。筋肉も似たようなものです。

小さくしゃがんでジャンプするより深くしゃがみこんでジャンプした方が高く飛べます。

f:id:kaihelbeu:20210402084414p:plain

ここまで読んだ方は、もしかするとストレッチをしたところで

結局、運動もしないといけないじゃん。と思ったと思います。

しかし、ストレッチも運動です。そして可動域が広がれば日常生活の自然な動作が大きくできるようになり身体を、筋肉をフルで使えるようになり痩せ体質に変わっていきます。

・僕が実際に行っているストレッチをまとめました

その1.身体の中でもかなり大きな筋肉である太もも

大腿四頭筋やハムストリングスをストレッチすることで股関節の動きが良くなります。そうすることで通勤や通学などの徒歩でも十分カロリーを消費できるようになります。実際に腰痛の改善予防に繋がるので一石二鳥です。

その2.身体の土台である骨盤についているお尻の筋肉

お尻の筋肉も股関節の動きに大きく関わっています。股関節の動きが悪い方はお尻の筋肉の柔軟性が欠けているケースが多いです。太ももとお尻はセットでストレッチすることがオススメです。

その3.上半身の重要ポイント肩甲骨周りの筋肉

肩甲骨は周りの筋肉の柔軟性バランスによってポジションが変わってしまいます。そしてポジションが悪くなることで代謝が悪くなります。結果、痩せ体質になりづらくなるので肩甲骨の上下左右の柔軟性バランスを整えていきましょう。

下記の動画は僕が普段行っているストレッチです。長めの動画ですが、時間があるときに一緒にやってみてください。


【ストレッチルーティン】日々のセルフケアが最強!

今回の記事まとめ

・ストレッチでも痩せることができる。痩せ体質になれる

・効果実証済みのストレッチを無料で紹介