整体師KAIKI

鎌倉在住の美容整体師KAIKI。身体の不調改善サポートをしてます。

腱鞘炎を早く改善させる方法をまとめました

こんにちは。KAIKIです。

・テレワークでPC作業が増えて指が痛い

・手と指の痛みを早く改善したい

・もう二度と腱鞘炎にならない方法はありませんか?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、整体業界歴7年。

過去に10kgの減量に成功して、その後リバウンドしないで体型維持できている。

そして、今も現役整体師として多くのお客様を救っています。

こういった僕が、解説していきます。

・腱鞘炎を早く改善する方法、そして予防法をまとめました

f:id:kaihelbeu:20210404080500p:plain

その1.指先~腕の筋肉をストレッチ

手首や指の痛みを早く解消するためにはストレッチがとても有効です。

ただ、腱鞘炎といっても指を伸ばす筋肉の腱の通り道が狭くなって炎症を起こしてしまうケースと逆に指を曲げる筋肉の腱が炎症を起こすケースがあります。

毎日、腕を使っているからこそ腕の筋肉をストレッチでしっかりケアしてあげましょう。PC作業で肩が辛いから肩回りはケアするけど腕はケアしてない方はかなり多くいます。

僕からすれば腕をしっかりケアしてあげれば肩なんて辛くなりません。

腱鞘炎の予防の為に毎日、腕のストレッチはするべきなのです。

最初はキツイけど、やっていけばストレッチ後は心地よくなっていきます。

ほぼ9割の方が効果を実感しているストレッチなので、あなたも実践していって下さい。ちなみに肩こりの方にも効き目があります。

youtu.be

その2.炎症期間が終了するまで出来るだけ安静にする

基本的に炎症が起きている場合は炎症が治まるまでは安静にするのがベストです。

実際に仕事があるから、部活があるからなどで安静にすることは難しいかもしれません。

例えば、スネをぶつけてしまって腫れてしまいました。でも、数日経てば腫れは治まりますよね。

しかし、腫れてしまっているスネを毎日ぶつけていたらいつまで経っても腫れは引きませんよね。

炎症が起きているのにいつまでも使っていては炎症は全然治まりません。

だから、炎症が治まるまでは素直に安静にする。控えることが一番です。

・腱鞘炎になってしまう環境をまとめました

その1.PCやスマホの使い過ぎ

ドゥケルバン腱鞘炎は2つの筋肉【短拇指屈筋と長拇指外転筋】の腱と手首にある腱の通り道で摩擦が起きて炎症が起きてしまいます。

指を頻繁に使うPCやスマホ作業、家事などをして負担を積み重ねていったことで悪い結果として腱鞘炎になってしまうのです。

その環境から早く抜け出すことで腱鞘炎にならずに済みます。

その2.身体の使い方、姿勢など

f:id:kaihelbeu:20210208182132j:plain

整体師である僕の実体験ですが、整体師になり始めた頃親指がものすごく痛くなりました。

でも、身体の正しい使い方。いわゆる身体への負担を最小限かつ脱力した状態のフォームを身に付けてからは指が一切痛くなくなりました。

業種によって、仕事中の最高なフォームは異なると思います。

引っ越し業者であれば、重い荷物をいかに腰に負担をかけず、かつ簡単に運ぶことのできるフォームを身に付けるかが重要だと思います。

デスクワークの方も必ず最高なフォームが存在します。

あなた一人だけの最高なフォームを見つけていきましょう。

今回の記事まとめ

・腱鞘炎を改善予防する方法

・腱鞘炎になってしまう環境